BBクリームとCCクリームの役割は全然違います。
ですが、最近の方はこの2つを混ぜ合わせて使う方が増えてきているのです。

 

BBクリームというのは、肌の修復を行うためのものですよね?
赤みやシミを隠してくれます。

 

そしてCCクリームは肌のトーンをアップさせる役割があって、透明感のあるお肌を作り上げる事ができます。

 

やり方としては、まずCCクリームも塗って透明感のある肌を作ります。

 

その後に、BBクリームをシミや赤みのある部分に塗ります。

 

こうする事で、自然にカバー出来る肌が完成します。

 

BBクリームとCCクリームもきちんと理解しよう。

 

BBクリームとCCクリームが化粧品売り場には当たり前のようにあります。
女子トークでもとく出てくるフレーズでしょう。

 

成分やどういう役割があるのか、知らずに使っている人も結構います。
ただ流行しているから、買って使っているなんて人も・・・。

 

BBクリームが出て、対抗したいからCCクリームを出す。
次はDDクリームが出るんじゃないかと適当に作られていると思っている人もいるでしょう。

 

しかし実際はきちんと考えて作られているのです。
使い分けしたり混ぜ合わせたりして、化粧をすれば、綺麗なナチュラルメイクになります。

 

BBクリームとCCクリームの差

 

BBクリームは先ほどもお伝えしましたが赤みやシミを隠すもの。
傷跡にも効果があります。

 

そして日焼け止めの成分も含まれているので、紫外線から守ってくれます。

 

肌に悩みを抱えている方に、ぴったりと言えるでしょう。

 

逆にCCクリームは、シミなどを隠す事はできませんが肌のトーンがアップして綺麗な肌にする事が可能です。
光の反射ですね!
それをうまく使って、ナチュラルなメイクが出来ます。

 

じゃあこれの2つのクリームを合体させたらどうなるのか?

 

合体させると・・・

 

CCクリームには化粧水成分があります。
通常は洗顔して化粧水と乳液を塗ってから化粧開始ですよね?

 

でもCCクリームの場合は、洗顔後すぐにCCクリームも塗ってOK!

 

顔全体にCCクリームを馴染ませていきます。
その後でシミや傷跡部分にBBクリームを重ねていきましょう。

 

すると、メイク時間も短縮されてナチュラルになります。

 

面倒臭いから、CCクリームとBBクリームを手の平で混ぜた方が早いんじゃないかって思いますよね?
確か早いですが、肌の上で重ねた方が仕上がりが違います。

 

一応両パターンやってみれば、わかりますよ。